銀行のカードローン

銀行系カードローンでも来店せずに当日融資OKな時代

金利の低さが嬉しい銀行系カードローン

数万円単位の少額融資から、ある程度まとまった金額の融資まで、便利に利用する事が出来るのが、銀行の消費者向け融資サービスであるカードローンサービスです。このサービスの最大の特徴として、金利の低さが挙げられます。

例えば、多くのプロミスを中心とする消費者金融のキャッシングサービスでは、4%台後半から18%という金利で融資を行っています。お金の融資を受ける時に特に注目すべきなのは、高い方の金利です。これは最高金利と言われるもので、ほとんどの消費者金融では50万円ほど迄の融資なら、この最高金利が採用される様になっているのです。

この一方で、銀行系カードローンでも同様に、少額の融資では最高金利が適用される事が多いのですが、金利設定全体が低めになっているので、同じ最高金利でも消費者金融と比べて低い金利で融資を受ける事が可能となっています。

具体的には、最高金利を14.6%に設定している銀行もあり、消費者金融と比べて4%近く低い金利で少額融資を受ける事が可能なのです。また、他の銀行系カードローンに目を向けてみると、最高金利は消費者金融と変わらないのですが、最低金利が3.0%と低く設定されているオリックス銀行のカードローンもあります。

使用目的に応じてこうした金利設定を比較すれば、少額融資からおまとめローンまで、自分に適した融資サービスを提供してくれる銀行を選ぶ事も可能なのです。

キャンペーン中の業者は本当にお得?

キャンペーンを開催しているカードローン業者は、顧客集めに積極的になっています。期間限定でキャンペーンを実施する場合、その期間内に一定数の顧客を確保したいと考えているので、通常よりも有利な条件を提示してくるのです。

よくあるのは、無利息(主に30日間)であり、はじめて借りる方に限定して、30日間まで無利息で融資してくれます。利息がかからないと、当然借りた分だけ返済すればいいので、家族から借りるよりも気楽でしょう。

そのほかのキャンペーンとしては、大手銀行やネットバンキングが開催する金利優遇があります。期間限定で金利引き下げが適用されるもので、例えば数ヶ月間は通常金利の半分という感じです。短期間しか借りない方にとって、無利息期間、金利引き下げなどのキャンペーンは重宝するでしょう。

長期借り入れをする方の場合は、長期的に考えて損得を決めていく必要があります。無利息、金利引き下げは非常に魅力的ですが、契約期間が年単位になる場合は、通常金利が低いことのほうが有利に働くことも多いです。

元の金利の高い業者の場合、キャンペーンで得をしても、その後の契約期間が長くなってしまうと、通常金利の低い業者で借りたほうがお得になります。

カードローンを上手に使って生活に潤いを

ローンといわれているものには二通りがあります。LOANは「貸付」「融資」と訳され、「お金を貸す」という意味を持っています。目的を絞った形のものと用途は問わないものがあります。

通常、目的別ローンとカードのローンと言われており、目的別ローンの方は車を買い替える、あるいは住宅を新しく購入するときとかに利用されます。

一方、カードローンの方は、一時的に資金が必要なときによく利用されます。例えばショッピング、レジャー、会社の中での冠婚葬祭等、少額だけれどすぐにいる時に用いられます。カードローンの特長というと、まず担保・保証人が不要で有ると言うことが挙げられます。

利用者の勤務先での在籍証明が必要ですが、ローン会社はそこを信頼しお金を貸し出すわけです。だから、仕事を持っていない人は審査に通りません。そして貸し出しお金の利用法については用途は問われません。このことは、利用者の側からすると大きなメリットと言えるでしょう。

そして銀行系のカードローンは金利が低いということも大きなメリットになるでしょう。だからリピーターになろうかと言う人は銀行系のものを選ぶべきでしょう。1回1回は少額でも、何回か繰り返すと、その差額は大きな物になるからです。いずれにしても、最初に返済計画をきちんと立てることが一番大切なことになります。